BLOG

鳴尾化学研究所からのお知らせ

商品の輸出について

2019年09月7日

鳴尾化学の山田です。

 

商品の海外輸出に関するお問い合わせをいただくことがありますので、以下にまとめております。

ご興味のある方はご一読いただけますと幸いです。

 

まず、「国内で売っている商品の輸出」か「輸出専用商品をつくる」かによって用意する書類が異なります。

「輸出専用商品をつくる」場合は、書類の用意にけっこうな期間がかかりますので、ここでは弊社で多い「国内で売っている商品の輸出」についてのご説明をします。

 

輸出に必要な書類としましては、以下の3つとなります。

・輸出販売証明書…どの商品をどこの国に輸出・販売するのかが記載されている証明書

・MATERIAL LIST…商品の内容成分として、どの成分がどの程度配合されているかを示すリスト

・BSE証明…BSE(狂牛病)に関する原材料を使っていませんという証明、動物由来の原材料が記載されたリスト

 

上記の書類を弊社にてご用意し、弊社がご協力いただいている通関会社にて通関手続きを行います。

同じものを輸入会社にもお渡しし、輸入会社から輸入会社の通関会社へ提出、手続となります。

 

あとは指定の船会社があればその会社で、無ければ弊社にて選定した船会社でのお送りとなります。

送る船が決まれば、INVOICE(送り状)、PACKING LISTを弊社にて作成、そこにB/L(船荷証券)をつけて輸出会社へ渡します。

 

輸入会社側での必要な手続きは、輸入通関手続きを行う通関会社の選定となります。

 

輸出に係る費用につきましては、基本的にはFOB JAPAN(輸出通関手続きを行い、荷物を船に積むまでの費用を弊社にて負担)で行っておりますが、条件は変更することが出来ますので事前に別途ご相談させていただきます。

 

また、国際情勢や輸出入国間の関係によっては、輸出に係る期間が増えたり、費用のかかる検査が発生したりしますのでご留意ください。

 

輸出先の国、商品、送る量によって輸出出来る、出来ないも含めて変わってきますので、輸出をお考えの方はご連絡をお願い致します。

お問い合わせはコチラ

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

CONTENTS

CONCEPT

企業コンセプト

OEM

OEMへのご質問と答え

OEMのメリット

OEM製品が出来るまで

PRODUCT

シャンプー

トリートメント

スタイリング剤

パーマ・カール

その他

製品使用方法

製品使用方法

既存の製品で満足ですか?

既存の製品で満足ですか?

現在、美容室は40万件を越えさらに増え続けています。生存競争が激しくなる中で、サロンに求められるのは「オリジナル性」です。私どもでは、今日まで数多くの美容室オリジナルブランドをプロデュースしてまいりました。
その経験と実績から、サロンブランド専用の開発研究所を開発しました。カラーのサポート剤からコールドウェーブローションまで。サロン品質にあわせた様々な化粧品を研究開発します。商品開発を行いOEM商品の製造を行っています。サロンオリジナルシャンプーや印刷容器、香りを変えたい等をお考えの皆様、ご連絡お待ちしています。

アフロートヘアカタログ

Copyright © OEM 化粧品 ロオナ ルフィー 美容液 ケラチーヌ 株式会社鳴尾化学研究所 All Rights Reserved.