BLOG

鳴尾化学研究所からのお知らせ

商品の仕上げについて

2016年06月23日

鳴尾化学の山田です。

 

今回は商品の仕上げ方法について何点かご紹介させて頂きます。

 

左から順番に、「シュリンクフィルム」「クリアケース」「化粧箱」となります。

 

仕上げ方法3種

 

「シュリンクフィルム」

こちらは現在一番よく見かける仕上げ方法かと思います。

透明の薄いフィルムで商品にぴったりと合う形覆っています。

よく見ると小さい穴が開いている場合が多いですが、こちらはフィルム収縮時に空気が抜けるための

ものになります。

 

「クリアケース」

文字通り透明のケース箱の仕上げです。

中に何が入っているか一目瞭然ですね。

商品にぴったりと合う形をご用意できない場合が多いですので少し注意が必要です。

 

「化粧箱」

その商品専用の箱になります。

高級な商品に使われる場合が多く、その価値をぐっと高めます。

ただやはりコスト面がネックになる場合が多いです。

 

価格としては「シュリンクフィルム」<「クリアケース」<「化粧箱」、左に行くほどコスト面では

メリットがあります。

 

また、最近ではエコという観点からどれも必要ないとの要望も増えております。

その場合に、キャップタイプの場合が多いのですが、未開封かどうかが分からないとの声も聞くことが

ありますので、そういった点にはやや注意が必要です。

 

デザインと同じで、これが正解、それはダメといったものはないと個人的には思っております。

 

仕上げ方法なんてなんでもいい!なんて言わずにいろいろなこだわりを持って楽しくOEM作りが出来れば

製造側としては嬉しく思います。

 

もちろんこだわればこだわるほど大変です、お客様も私達も…ただその分出来上がった時の感覚も

また一味違ったものになりますので一緒にその感覚を味わえればなと思いながら皆さまのご連絡を

お待ちしております。

お問い合わせはコチラ

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

CONTENTS

CONCEPT

企業コンセプト

OEM

OEMへのご質問と答え

OEMのメリット

OEM製品が出来るまで

PRODUCT

シャンプー

トリートメント

スタイリング剤

パーマ・カール

その他

製品使用方法

製品使用方法

既存の製品で満足ですか?

既存の製品で満足ですか?

現在、美容室は40万件を越えさらに増え続けています。生存競争が激しくなる中で、サロンに求められるのは「オリジナル性」です。私どもでは、今日まで数多くの美容室オリジナルブランドをプロデュースしてまいりました。
その経験と実績から、サロンブランド専用の開発研究所を開発しました。カラーのサポート剤からコールドウェーブローションまで。サロン品質にあわせた様々な化粧品を研究開発します。商品開発を行いOEM商品の製造を行っています。サロンオリジナルシャンプーや印刷容器、香りを変えたい等をお考えの皆様、ご連絡お待ちしています。

アフロートヘアカタログ

Copyright © OEM 化粧品 ロオナ ルフィー 美容液 ケラチーヌ 株式会社鳴尾化学研究所 All Rights Reserved.